電気自動車用急速充電器 詳細はこちら

大切なパソコンやデータが危険にさらされています

東日本大震災以降、電力不足が懸念されています。
電力供給がギリギリになると予想される夏場、冬場には、急な停電や、電圧低下の危険があります。

急な停電や、電圧低下、瞬低(電気機器が通常動作できないくらいまでに瞬間的に電圧が落ちてしまうこと)が
発生したときに、パソコンやHDDなどの電源が入っていると、破損してしまう危険があります。

今までの日本では考えられなかったようなことが、これからは起きる危険があるのです。

震災をきっかけに注目された機器があります

無停電電源装置(UPS)ってご存じですか??

無停電電源装置(UPS)とは、「Uninterruptible Power Supply」の略で、停電などの電源障害時に電力を安定供給して
データをバックアップし、コンピュータ機器のデータ損失やハードディスクの破損を防ぐ装置です。

無停電電源装置(UPS)で大切なデータを守ろう
急な停電、電圧低下、瞬などはいつ起こるか分からないため、計画停電のときのように、
停電が起こりそうな時間帯はパソコンやDVDレコーダーの電源を入れないでおく、
といった対策をとることができません。パソコンやDVDレコーダーに入っている
ハードディスクは、動作中に十分な電源が供給されなくなると、
破損してしまうリスクが非常に高くなります。

パソコンやDVDレコーダーでハードディスクが破損してしまった場合、修理には部品代、
交換の手数料など入れると高額になる場合が多く、修理期間は状態にもよりますが、
1週間以上かかる場合があります。

いつ起こるかわからない停電、電圧低下から大切なパソコンやDVDレコーダーを
守るためには無停電電源装置、UPSと呼ばれる機器を設置するのが一番です。

無停電電源装置(UPS)を使えば、バックアップ用のバッテリで、上記のような
場合でもシステムをそのまま稼働させることができます。小容量のものでも、
システムを数分間稼働できるバッテリを持ち、この間にシステムを安全に
シャットダウンさせることができます。




無停電電源装置(UPS)はこれまで、サーバーを運用するような企業が使うというのが
主な用途でしたが、ここ数年、パソコンやテレビなどのデジタル家電製品が高性能化するとともに、小規模オフィスや一般家庭向けUPSの市場が拡大しつつあります。
また東日本大震災直後に、コンシューマ向けUPSが爆発的に売れた結果、知名度も向上しました。


しかし、まだまだ認知されているとはいえず、長時間の電力供給ができると勘違いして
購入した人が多かったようです。このような事態を引き起こさないために、UPSメーカーは、
個人ユーザーにUPSの正しい使い方を周知することに力を注いでいます。

本来UPSの基本的な役割は「非常用電源」ですが、一般的に、通常の電源供給時でも、電源自体を安定化する機能を持ち合わせています。たとえば急激な電圧低下や過電圧が起こった場合にも、電圧を一定に保ち、接続されている機器へのダメージを少なくできます。
パソコンなどの精密機器の場合、電圧低下や過電圧によって内部のパーツが故障することも
ありますが、UPSはこうしたリスクも同時に減らしてくれます。
また、夏の時期に多く起こる、落雷などによる「サージ(過電圧)」から機器を守る機能が
搭載された製品も多いのも特徴です。まさにUPSは「転ばぬ先の杖」といってよいでしょう。
「備えあれば憂いなし」といいますが、実際にトラブルに遭遇するまえに、UPS(無停電電源装置)の導入をご検討してみてはいかがでしょうか。


わたしたち「野中商工」ではプロの視点からお客様のニーズにあったUPSをご案内するとともに、正しい使い方から、メンテナンス(保守・点検)まで、いざという時を完全バックアップいたします。

UPSが電力を供給し続ける時間は、UPSのバッテリ容量やIT機器の消費電力などによって異なります。
一般的には30分前後とされています。UPSは突然の停電に備えて、あくまでもシステムを安全にシャット
ダウンする時間を与えるためのもので、長時間にわたってIT機器に電力を供給する使用を想定していません。

小規模オフィスや一般家庭向けにもUPSの市場が拡大
商品案内
お問合わせ